「思いやり」を習慣化して円滑な人間関係を構築しよう!

会社などで思いやりのある人は誰からも好かれ・親しみやすいと評価されることが多いでしょう。
しかし、無意識に思いやりを持った行動ができるわけではなく、日頃から意識をして習慣化する必要があります。
上司、部下の間で信頼関係を構築する上でも、思いやりを持って接することができているかで大きく変わります。
今回は思いやりがある人とない人の違いについてご紹介させていただきます。

思いやりのある人とは

思いやりとは他人のために気遣ったり同情したりする気持ちです。
「思いやり」のある人は日頃から相手の様子をしっかり観察し些細な気遣いをできる人ということですね。
要するに「相手の立場に立って考える人」、「相手が快適に過ごせるように振る舞う人」と言えるのではないでしょうか。

思いやりのない人は

思いやりに欠ける人とはどのような人を指すか考えてみると「相手の立ち場に立てない人」、「相手を不快にさせる人」と言えます。
しかし、自ら後者を実践する人はなかなかいないでしょう。
つまり、「思いやり」に欠ける人の大半は「相手の立場に立てない人」となります。
では「相手の立場に立てない人」を突き詰めてみましょう。
恐らく「相手の立場に立っても何が快・不快なのかがわからない」、「相手の立場が理解できない」人ではないでしょうか。

次に、具体的に「 相手の立場に立って考える人 」とはどのような人を指すのか考えてみましょう。

相手の立場に立って考える人とは

他人に影響することから片付ける

人は仕事や生活する中でさまざまな人と関わりながら過ごしています。
相手に不快感を与えないように他人に影響することから片付けることで自然とよい印象を与えることができます。

「ねぎらい」や「感謝」を示す人間臭い一言を添える

大半の人が、付き合の長さや仕事の上下関係から感謝の気持ちが薄れてしまいます。
いつまでも感謝の気持ち忘れず、人の心に伝わるように態度に示すことが大切です。

相手が理解しやすい・身につけやすい方法を見抜く

人には理解しやすいパターン・身につけやすいパターンがあります。
誰に対しても同じ伝え方をするのではなく、相手によって伝え方を工夫しましょう。
そうすることで、相手にあなたの敬意が伝わります。

まとめ

人は「甘え」や「馴れ合い」、「自己愛」からついつい思いやりに欠けた態度をとってしまいます。
思いやりを習慣化することであなたの人生に大きな変化をもたらすはずです。

思いやりの習慣化については次の動画でも紹介していますのでお時間があるときにでも覗いてみてください。

人間関係

Posted by admin