仕事・職場でストレスを溜めないために意識すること。気持ちが楽になる、心の凹みを癒すヒントをご紹介

Exhausted, frustrated worker, burnout. Boss shout at employee, deadline. How to relieve stress, acute stress disorder, work related stress concept. Pinkish coral bluevector isolated illustration

普段、あまり意識することはありませんが、人と人とのコミュニケーションは、とても神経を使う複雑な仕事です。
「あの人はどうゆう意図であんなことを言ったのだろう」
「この人には気分を害するかもしれないからこの話題はやめておこう」
「面白くなくても後で何を言われるか分からないから我慢して話を聞こう」
など、いつもここまで意識しているわけではないと思いますが、人間関係を壊さないことを意識してコミュニケーションを図っていると、すっかり心が疲れてしまっても無理はありません。

当記事では、職場の人間関係にストレスを抱える人のマインドチェンジについて解説していきます。
少しでも居心地のよい職場環境づくりに役立てていただければ幸いです。

怒られがちな人には、理由がある?

職場の同僚と比べ、自分ばかり上司に叱られる、目の敵にされていると感じることはありませんか
そのように感じてしまうと上司の目が気になってさらに失敗を重ねてしまうこともあるでしょう。
何故、あなたばかりが叱られるのでしょうか。その答えはあなたの心の中にあります。
上司に対して感じている苦手意識があなたを委縮させてしまい、上司からすると「叱ってやらないと、なかなか行動できない部下」だと思われているかもしれません。
叱られてしまって集中力が落ちると、さらに仕事がうまくいかなくなりまた叱られる。
この悪循環は自身で解決しなければなりません。
仕事中は「叱られるのは嫌だなあ」と思い続けるのはやめましょう。仕事に集中して失敗しなければ怒られることもありません。
どうしても気持ちを切り替えるのが難しい場合は、胸を張って堂々とした姿勢で仕事に取り組みましょう。
それだけでまわりからの印象がよくなるはずです。

偏見は雪だるまのように大きくなる

職場の後輩に対して「感じがよくないイメージ」をもったとします。
会話の際のちょっとした態度や雰囲気が、あなたに小さなイライラを感じさせたかもしれません。
その小さなイライラは、その後輩と接するたびに積み重なっていきます。
果てに、後輩への態度は目に見えて悪くなるでしょう。そして職場のムードは悪くなり、社内の他のメンバーまで嫌な思いをしてしまいます。
誰かを偏った見方をすると、心の中で被害妄想が広がります。
そしてその意識は周囲の人にも同意を求めていくことになります。
それはあなたが、自分の意見が正しいと認めて欲しいから。
面と向かって相手に言うことができないから、遠回しな方法をとるのです。
しかし、今回の例でいえば、最初から後輩に対して注意をすればよかっただけなのです。
でも、そのタイミングを逃してしまったり、直接声をかける勇気がなかったために、あなたは無用に苦しみ、怒りを味わうことになったのです。
コミュニケーションの基本は、相手に自分の気持ちを伝えることです。
本心はお互いに、話してみなければわかりません。
それだけで、要らないストレスを溜めることがなくなります。

無理をしないのも選択肢のひとつ

仕事を続けていると苦しくてしょうがないときは幾度となく訪れます。
心の底から辞めたいと思ったとき、たいていの人は「頑張ればなんとかなるはず。」と考えます。
世の中には逆境をバネにして成長し、「あのとき辞めなかったおかげで、今の自分がある」と語る人は少なくありません。
でも、本当に駄目だと感じたとき「無理をしなくていい」と考えるのも、選択肢のひとつです。
「頑張る」ということはとてもポジティブでよいことのように思えます。
しかし、心や体に限界がきていた場合、そこからさらに頑張ることは健全とは言えないでしょう。
それは「頑張っている」のではなく「無理をしている」と言い換えることができます。
無理を続けていると心や体に大きなダメージを負うことになりかねません。
そのような事態を防ぐためにも無理をしないという選択肢はとても効果的です。
また、まだ限界に遠く、もう少し頑張れそうな場合でも、「疲れたら無理をしなくていい」という選択肢があるだけで心にゆとりが生まれます。
続けることも辞めることも、あなたの体が無事であればそれが正解です。
無理がたたって体を壊してしまいそうであれば、そうなる前に対策をとりましょう。
あなたを守ることができるのはあなた自身ということを忘れないでください。

おわりに

会社を辞める理由として「職場の人間関係がよくない」という話はよく耳にします。
上司と部下の関係では本音を言えず、ストレスを溜め込んでしまうこともあるでしょう。
そんな時は自分に無理をせず、少し行動を変えてみることで事態が好転するかもしれません。

職場の人間関係に悩みを抱えられている方は気持ちの切り替え方法について動画でも紹介していますのでぜひご覧ください。

本要約動画【仕事も人間関係も「もう嫌だ!」と思ったときに読む本】