社内SNS大手導入実績NO.1「Beat Shuffle」の特徴と選ばれる理由をご紹介

社内SNSとは

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は年代問わず、多くの方が利用されています。それらと同様の仕組みで組織に限定して利用するツールを社内SNSと呼びます。
社内SNSを活用することでグループのコミュニケーションの活性化は勿論、普段はやり取りのない社員やグループの活動を把握することができ、組織内の透明性を高め、社内コミュニケーションの促進に役立ちます。

Beat Shuffleとは

Beat Shuffleは社内SNSのパイオニアとして2004年に世界で初めて企業向けコミュニケーションツールを開発した株式会社Beat Communication(ビートコミュニケーション)によって開発されたツールです。
組織のコミュニケーション活性化を目的とした「Q&A」や「Wiki」機能が備わっていることが特徴です。

導入企業の84%が効果を実感

「部門間のコミュニケーション促進」、「情報・ナレッジの共有」に対して効果を実感いただいています。
業務の引継ぎの短縮や導入事例の共有、社内規定の見える化など仕事の効率化に止まらず、所属部署や勤務地が異なる従業員同士のコミュニケーションの場としても活用可能。
自発的に意見が発信されるようになり、業務改善にも繋がっています。

選ばれる理由

①年代問わず、操作性を追求したインターフェース

「Beat Shuffle」は複雑な操作を覚えることなく利用できるように設計しています。
年代問わずご利用いただけ、すぐに効果を実感いただけます。

②様々な目的/課題に対応できる柔軟性

コミュニケーション強化からナレッジマネジメント、業務支援まで企業の多様な課題に対応するツールと管理機能を備えています。

③企業のポリシーにあわせたセキュリティ設計

Beat Shuffleはプライベートクラウド環境でご利用いただけます。
IP制限などお客様のご要望にあわせたセキュリティ設計が可能です。

導入前後の徹底サポート

導入前はトライアルを通じてお客様が利用しやすいサイト設計をお手伝いいたします。
導入後の社内ガイドライン策定にも役立ち、従業員の困惑軽減に繋がることでしょう。
導入後の利用方法や操作方法などのお問い合わせについてはサポートセンターを完備、安心してご利用いただけます。

トラアイルの実施については下記よりお気軽にご連絡をいただければ幸いです。

Beat Shuffleの詳細については動画でも紹介していますのでぜひご覧ください。